矢倉 眞隆

【HTML5 Experts.jp】2016年1月のブラウザ関連ニュース

連載: WEB標準化動向 (9)

2016年1月のブラウザニュースは、Safari 9.1のリリース、Firefox 44リリース、Chrome 48リリース、EdgeのJavaScriptエンジンChakraのオープンソース版「ChakraCore」についてお届けします。

Safari 9.1発表

iOS 9.3とOS X 10.11.4のベータ版が開発者向けに提供され、その中でSafari 9.1のリリースが明らかとなりました。

9.1では先月紹介したタップ時の350msの遅延をなくす仕組みや、CSS Custom Properties(CSS Variables)、font-feature-settings プロパティとそれに関連する font-variant 系サブプロパティ、will-change プロパティがサポートされるようです。

セキュリティや安定性向上のためのアップデートではない、マイナーアップデートは久しぶりです。Safariはこれまで、新しい機能の追加やバグの修正を年一度のメジャーアップデートでしか提供しておらず、開発者の不満を高めていました。ChromeやFirefox、Edgeほどを望む必要があるかはわかりませんが、9.1のようにエンジンのバージョンアップを含むリリースがもうすこしあるとうれしいですね。

Firefox 44リリース、Service Workerが有効に

1月26日にFirefox 44がリリースされました。

このバージョンでついにFirefoxでもService Workerが有効になりました。

CSSの unicode-range デスクリプタがサポートされました。

開発者ツールではCSS Animationsのエディタが協力になりました。Chromeにもあるような、スライダーでアニメーションの状態を逐次確認できるようなUIがついています。

CSSアニメーションを学べるDevTools Challengerというサイトも、44がDeveloper Editionだった昨年11月ころから公開されています。アニメーションで動く深海生物を開発者ツールから操作するというチュートリアルです。

Chrome 48リリース、縦書きCSSの向上

1月20日にChrome 48がリリースされました。

このリリースで、CSS Writing Modesの接頭辞がとれました。Writing Modesについては昨年末のCodeGridで取り上げられています。

また、OpenTypeフォントの機能にアクセスする font-feature-settings も接頭辞がとれました。Safari 9.1の公開も近いようなので、接頭辞まわりがだいぶすっきりしますね。

ChakraCoreが公開

12月分で取り上げた、EdgeのJavaScriptエンジンChakraのオープンソース版「ChakraCore」ですが、1月13日に公開されました。

ロードマップも公開されています。JITなしでUbuntuでもまず動かせるようにするとか、WebAssemblyへの対応、Async FunctionをECMAScript仕様に持っていくといったことが書かれています。

一週間後には、ChakraCoreをNodeのエンジンにするべくPull Requestが投げられました。

JavaScriptエンジンの競争がさらに盛んになってきそうですね。

Powered byNTT Communications

tag list

アクセシビリティ イベント エンタープライズ デザイン ハイブリッド パフォーマンス ブラウザ プログラミング マークアップ モバイル 海外 高速化 Angular2 AngularJS Canvas Chrome Cordova CSS de:code ECMAScript Edge Firefox Google Google I/O 2014 HTML5 Conference 2013 html5j IoT JavaScript Microsoft Node.js PhoneGap Polymer React Safari SkyWay TypeScript UI UX W3C W3C仕様 Webアプリ Web Components WebGL WebRTC WebSocket