Chromium 29をベースとしたOpera16がリリース!

2013年8月28日、Operaブラウザの最新バージョン、16がリリースされました。

バージョン16はChromium 29をベースとしており、Webの最新機能への追随は、Google Chromeの最新版にもひけをとらないと言っても良いでしょう。

Opera16。開発者ツールもChromiumのものをそのまま採用しており、開発者から見た使い勝手はChromeと同等。

Opera16。開発者ツールもChromiumのものをそのまま採用しており、開発者から見た使い勝手はChromeと同等。

Opera16の設定画面

Opera16から追加されたopera://flagsの画面。chrome://flagsよりも見やすく整形されている

Opera16から追加されたopera://flagsの画面。chrome://flagsよりも見やすく整形されている

ソースとなったブログエントリによると、今回のリリースでは以下の様な機能が追加されたとのこと。

  • W3C Geolocation API
  • フォームの自動フィルター
  • Windows環境におけるジャンプリストのサポート
  • Mac環境におけるプレゼンテーションモードのサポート
  • より良いパフォーマンス
  • たくさんのバグフィックス
  • opera://flagsページの追加
  • Chromium 29エンジンの使用

マウスジェスチャーやスピードダイヤルなど、Operaの特徴的な機能を付加価値としてChromiumに載せていくという方針は、今のところよく機能しているように思えます。 筆者としては、「Chromeと変わらない使い勝手なら、ちょっと使ってみようかな」と思わせるものがありました。 実際、この記事はOpera16から投稿してみましたよ:-)

Powered byNTT Communications

tag list

アクセシビリティ イベント エンタープライズ デザイン ハイブリッド パフォーマンス ブラウザ プログラミング マークアップ モバイル 海外 高速化 Angular2 AngularJS Chrome Cordova CSS de:code ECMAScript Edge Firefox Google Google I/O 2014 HTML5 Conference 2013 html5j IoT JavaScript Microsoft Node.js Polymer Progressive Web Apps React Safari SkyWay TypeScript UI UX W3C W3C仕様 Webアプリ Web Components WebGL WebRTC WebSocket WebVR